家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
Blu-ray Disc Association(BDA)が、4KやHDR(ハイダイナミックレンジ)などをサポートする次世代Blu-ray Disc「Ultra HD Blu-ray」の規格策定を終えたそうです。

BDA、Ultra HD Blu-rayの規格策定と新ロゴを発表――2015年夏からライセンス開始

現在のブルーレイの規格では、映像の解像度はHD(1920x1080)までですが、Ultra HD Blu-rayでは4K(3840x2160)まで対応可能となります。その他、対応コーデックの拡大(HEVC)、フレームレート、色調やダイナミックレンジの拡大など、高画質化ヘ向けてより技術的に進歩しています。


映像や音質のクオリティアップや、ユーザーの利便性の向上など、新たな規格を楽しみにすると同時に、今回の規格策定完了で喜ばしいのは、エンコードする際の指標が見えてきたという点です。まだ具体的な規格内容も分かりませんし、ブルーレイの詳細な規格書は販売される事が多いため、私が直接目にする事はないでしょうが、それでも次世代のプレーヤーやレコーダーがこの規格に沿う形で製造される事は間違いないでしょうから、我々ユーザーも大まかな方向性を掴む事が出来ます。


個人的にエンコードを楽しんでいる方にはこの気持ちはお分かりいただけるかと思いますが、一言にエンコードすると言っても「どの形式にエンコードするのか?」が非常に重要になってきます。
・YOU TUBEにアップしたい。
・DVDやBDにオーサリングして残したい。
・NASに保存してリビングのテレビで直接再生したい。

色々目的はあるかと思いますが、目的に合わせたエンコードが必要となります。YOU TUBEにアップする為の動画を、テレビで直接再生できるかどうかは、テレビ側の対応コーデックによります。現在のブルーレイ規格であるBDMVやBDAVで保存する際に、テレビで直接再生できるファイルにエンコードした上でオーサリングする必要はありません。それらは目的に合わせて、それぞれ適したファイルにエンコードする事が普通です。


そしてもう一点、
・それらの動画を将来にわたって保存するのかどうか?

ここにも十分注意する必要があります。今使用しているテレビが絶対に壊れない物、買い替えない物であれば、現在使用しているテレビだけをターゲットにしたファイルで保存すればいいのでしょうが、次に買うテレビがどんなコーデックに対応しているかは分かりません。普段はAVCでエンコードしたファイルをPS3で見ている私ですが、このフォーマットのファイルを将来のPS5やPS6でも再生できる保証なんてどこにも無いわけです。5年後にどこでも再生できないファイルをせっせと作る虚しさと言ったら・・・(笑)。


では、どうすればいいのか?
これはあくまで私の考え方ですが、私は普及したパッケージ用フォーマットに沿ったファイルを作成する様にしています。古くはDVDの規格に沿ったmpeg1やmpeg2を、現在ではBDAVやBDMVでオーサリング出来るファイルフォーマットでエンコードしています。そうする事で、少なくともDVDプレーヤーやBDプレーヤーで再生できるだろうと考えているからです。

かと言って、必ずしもこれらが保障されるわけでもありませんし、全く違うファイル形式でも将来に渡り再生環境が維持される可能性もあります。ですのであくまで個人個人の考え方なのですが、今回の次世代ブルーレイの規格が固まったと言うことで、少なくともHEVC(H.265)でエンコードする際のフォーマットは見えてくるのではないかと期待しているわけです。もちろん、このUltra HD Blu-rayの規格自体が普及しなかったら全く意味はないのですが(笑)。

ペガシスのTMPGEnc Video Mastering Works 6が8KやHEVCに対応してきていますし、そろそろ次世代用エンコードに興味が出てきています。今回のUltra HD Blu-rayの規格が今後の私のエンコードの一つの指標となると思いますし、より本格的にHEVCエンコードを検討しようかと思っています。


■本格エンコードソフト
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6(ダウンロード版)TMPGEnc Video Mastering Works 6:8K対応。HEVC対応
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6(パッケージ版):8K対応。HEVC対応
 ※どちらもアクティベーションにインターネット環境が必要です

■お手軽エンコードソフト
GOM ENCODER

■DVD/BDディスク作成用オーサリングソフト
ペガシス TMPGEnc Authoring Works 5TMPGEnc Authoring Works 5:DVD/AVCHD/BD対応
※アクティベーションにインターネット環境が必要です


関連記事
「動画エンコードのフォーマット」
「節電とエンコードの矛盾・・・エンコードで電力使うのは罪悪感もありますが・・」
「解像度至上主義はやめて欲しい・・・映像はトータルバランスが大切なんです」
「ハイビジョン動画エンコード連戦連敗・・・エンコード奮闘記」
「期待のH.264/AVCエンコードがことごとく裏目に・・・」

スポンサーサイト



巷では4Kだ8Kだという声が大きくなってきています。ブルーレイも4Kに対応すべく規格が絞られてきている様ですし、4Kはすぐ目の前と言っても良いでしょう。解像度はフルHDで十分な私としては全然触発されませんが、ただ動画コーデックや映像の色空間、ビット深度などがどうなるのかは興味があります。やはり現状の放送波の映像は全てにおいてアンバランスですから。

おそらく、我々一般ユーザーが目にする4Kの最高スペック映像は(少なくともスタート時は)次世代ブルーレイ(BD)に収録される映像になると思われます。現在のHD動画も結局BDに収録された映像が一番高クオリティですし、その流れは続くのではないでしょうか?

と考えますと、4KBDのスペックを見ると来たるべき4K時代の映像フォーマットが垣間見えます。今囁かれている次世代ブルーレイ規格(ULTRA HD BLU-RAY)をざっと挙げると以下のとおりです。

【ULTRA HD BLU-RAY 映像フォーマット】
解像度:3840×2160(MAX)<3Dは1920×1080>
ビデオコーデック:HEVC
色空間:BT.2020
カラーサブサンプリング:YCrCb4:2:0
ビット深度:10bit
フレームレート:~60p
ビットレート:~100Mbps程度
HDR(ハイダイナミックレンジ)採用


詳細に調べていませんのでざっとではありますが、こんな感じに落ち着きそうです。放送波はBDよりも制限が厳しいでしょうから、もう少しスペックダウンするでしょうが、ビデオコーデックやカラーサブサンプリング方法あたりは変わらないでしょう。

詳しくみてみますと、HEVCの圧縮技術で100Mbpsのビットレートは魅力的ですし、ビット深度が現在の8nitから10bitになったのはもっと魅力的です。ビット深度が増えると表現できる色が増えると言うことです(約1677万色で表現していた映像を約10億色で表現できる様になります)。ですが!カラーサブサンプリングは結局従来通り4:2:0なんですね。もったいないなぁ。カラーサブサンプリングを説明するのは私には荷が重過ぎますが(笑)、簡単に言いますと、色情報を1ピクセル毎全てに持たせると情報量が大きくなるので、水平・垂直数ピクセルに1つの情報を持たせる事でデータ量を軽くする方法です。当然、その分映像のクオリティは落ちます。素人の私にはそのデータ量の差がいかほどかは分かりませんが、解像度を追求するよりこちらに力を入れて欲しかったですね。DVD(720×480)も4Kもどちらも4:2:0と言うのはあまりにもアンバランスな気がします。


個人的な不満はありますが、とにかくこのフォーマットに準じた動画が一般的になると思われますし、再生機器も当然対応してくるでしょうから、私も対応機器が一般的になったあたりでHEVCエンコードに切り替えましょうかね。現在私は動画ファイルをそのままメディアプレーヤー(PS3ですが)で再生していますが、作成する動画は必ず普及したメディア規格(DVD、BD、ULTRA HD BLU-RAY?)に準じてエンコードする様にしていますので、ほぼ上記フォーマットに準じると思います。ただ、4K放送対応のPT3PT3後継カードは発売されるのでしょうか?(笑)リッピングは違法ですのでTS抜き録画が出来ないとエンコードも何もないですからねぇ。一足早くペガシスから8K/HEVC対応エンコードソフトTMPGEnc Video Mastering Works 6TMPGEnc Video Mastering Works 6が発売されましたので、早く使ってみたいのですが、もう少し様子見です。

あ、ペガシスのTMPGEnc MPEG Smart Renderer 4TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4とTMPGEnc Video Mastering Works 5は私もユーザーですが非常に優秀なソフトですのでおススメですよ。私は両ソフトとAvisynth + x264を使い分けています。


■エンコードソフト(コーデックを変えてエンコード出来ますのでファイルサイズを小さく出来ます)
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6TMPGEnc Video Mastering Works 6(ダウンロード版) ※アクティベーションにインターネット環境が必要です
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6(パッケージ版) ※アクティベーションにインターネット環境が必要です

■トランスコードソフト(録画したコーデックのまま編集しますので画質の劣化は最小に出来ます)
ペガシス TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4(ダウンロード版) ※アクティベーションにインターネット環境が必要です

■メディアプレーヤーとしても秀逸
プレイステーション3本体 チャコール・ブラック(500GB) CECH-4300C

■TS抜き録画の定番TVキャプチャカード
アースソフト PT3PT3:地デジx2 BS/CSx2 安定感・実績抜群
PLEX PX-W3PEPX-W3PE:地デジx2 BS/CSx2 PT3と双璧
PLEX PX-Q3PEPX-Q3PE:地デジx4 BS/CSx4 最大8チャンネル同時録画!


関連記事
「節電とエンコードの矛盾・・・エンコードで電力使うのは罪悪感もありますが・・」
「解像度至上主義はやめて欲しい・・・映像はトータルバランスが大切なんです」
「ハイビジョン動画エンコード連戦連敗・・・エンコード奮闘記」
「期待のH.264/AVCエンコードがことごとく裏目に・・・」

15%節電命令が出ましたが、皆さんどうですか?私も私なりに気を付ける様にはしていますが、チェッカーを使っているわけでは有りませんので、どの程度節電出来ているのか実感としては有りませんが。今回の命に関しては、正直思うところもあります。そもそも節電は素晴らしい事ですので今回に限らず全員が常に意識するべき事だと思いますし、被害にあわれた方などに節電によって少しでも協力出来るのであればもっともっと節電したいと思っています。が、東電や政府へ協力している感じがしなくも無く、なんか虚しいのも事実。節電に限らず我々のスクラムがちゃんと復興の為になっています?それがどうも胡散臭くて、一部の人たちの面目の為に動かされている気がして心が折れそうになりますが。

まぁこのブログではその手の話はあまり取り上げずに(笑)、今回はエンコードのお話です。
元々私はお気に入り番組の録画データ(PT2・Monster TVによるTS抜きデータ)はエンコードせずにTSのままか、もしくはCMカット⇒スマートレンダリングだけして保存していました。が、ファイルサイズが大きいのでHDDが結構埋まる&H.264のエンコード画質にさほど不満が無いと言う理由で今ではほとんどの録画データをH.264へエンコードしてから保存する様にしています。


ちなみに・・・。当ブログでもエンコード関係のネタを取り上げようと何度も思っていますが、そうしてこなかったのはエンコード方法に全く自信がないから(笑)。万が一読者の方に参考にしていただいて、その結果打撃を与えてしまったら申し訳ないので(汗)。ですのでコメント等でご期待いただいた方には申し訳ないのですが引っ込み思案になっています。とは言いましても自分自身への忘備録として残したいのもあります。と言いますのも40歳目前の私・・・相当記憶力がヤバイです(笑)。設定やエンコード方法を覚えていられない・・・。その為今後チョコチョコ書いていこうと思っています。ただし!しつこいですが私は動画に強くないので参考程度にしてください。

でもこの節電必至の今、エンコードって物凄く世間と逆行しているんですよね。録画する事自体は許して欲しいと思います。他の部分で節電協力しますので録画自体はご容赦いただくとして、問題はエンコード。例えばブルーレイレコーダー等で直接AVC録画してしまうのは、TS(DR)録画した場合と比較して滅茶苦茶大きくは消費電力は変わらないとは思います(電力が上がるのは間違いないでしょうが)。PC用チューナーのGV-MVP/XS2WPIX-DT230-PE0iconで直接AVC録画するのも電力的には抑えられるでしょう(TS抜き出来ませんが・・・)。でも私の場合は一度録画した生TSをわざわざエンコードするわけです。う~ん。やっぱり心苦しいです。


一応私のエンコードフローを。
①録画(PT2・Monster TV)
TsSplitterで必要なストリームのみ抽出。
DGIndexで映像+音声に分離
AviUtlでカット編集⇒カット(Trim情報取得+音声カット出力)
avisynth経由でx264エンコード
tsMuxeRで映像と音声を多重化


場合によっては上記フローではうまくいかない時も有りますが、私の常道エンコードフローです。ね?電力使っているでしょう?だから心苦しいんですよね。⑤のavisynthでリサイズやフィルターをかけるのですが、それらを施すと益々エンコード時間が増え、消費電力も上がります。まぁ私はフィルターは滅多にかけないのですが(それでも画質にまぁ満足出来ますので)、リサイズは頻繁に行っているんです。昔ちょっとだけ触れましたが、映像の解像度と圧縮レートのバランスが悪いと見た目が相当悪くなりますからね。ですので低めのレートでエンコードする事の多い私はリサイズ(1280×720程度)するのは必須なんですよね。でも・・・最近はそのままの解像度でエンコードしています。BS録画ですとフルHD(1920×1080)の高解像度のまま5~6Mbpsのレートで圧縮しますので正直ちょっとキツイです。が節電必至の中エンコードさせてもらっている身ですのでやはり我慢でしょうか。

これから更に節電強化な時期になります。そんな時ですので私も基本的にエンコードせずに生TSデータの保存を心がけ、仮にエンコードする際にも、フィルタやリサイズはせずに極力短時間でエンコードが終わる様にしようと思っています。と言いますか・・・やっぱりレコーダー買おうかな(笑)。

■東芝 REGZAリンクダビング対応ブルーレイレコーダー
RD-BR610
RD-BZ710
RD-BZ810
RD-X10RD-X10

■録画データの”自由化”には必須
AnyDVD HD

■AVC録画対応PCチューナー
IO DATA GV-MVP/XS2W
PIXELA PIX-DT230-PE0icon


関連記事
「解像度至上主義はやめて欲しい・・・映像はトータルバランスが大切なんです」
「ハイビジョン動画エンコード連戦連敗・・・エンコード奮闘記」
「期待のH.264/AVCエンコードがことごとく裏目に・・・」
「PT2の録画データをTsSplitterに通すとドロップが発生する問題を解決したい!」