家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
前回の記事とは打って変わってのタイトルですが(笑)。

先日、ビックカメラでハイレゾを視聴して以来漠然と考えているのですが、ハイレゾって必ずしも音が良いとは限らないと思うんです。なんて言いながら、私自身ハイレゾ環境とハイレゾ音源には興味津々ですし、購入意欲もありますよ。では何故そんな事を言うのか?

ハイレゾの定義を改めておさらいしてみます。(細かく見ると諸説ありますが)ハイレゾ音源とはCDのスペックよりも高スペックな音源と定義出来ると思います。つまり、CDのサンプリング周波数である44.1khzより大きく、CDの量子化ビットである16bitよりも高いもの(DSDなんてものもありますが、それはまたいずれ・・・)をハイレゾ音源と呼んでいる訳です。で、思うんですが、これってあくまで出口のスペックですよね?

ん?出口とは???

CDであれ、ハイレゾ音源であれ、当然ですが録音されたオリジナル音源があり、そこからミキシングをし、マスタリングをして決められたフォーマットに出力されます。この出力される出口が”CDよりも高スペックだよ”と言っているだけなんです。と言うことは、録音~マスタリングまでのいずれかの工程において低スペックで処理されていた場合、その音源はもう決してハイレゾ音源ではなくなってると思うんですよね。映像でいえば、元々SD画質のものや、仮にHDサイズで収録したとしても、一度SD画質にダウンコンバートして編集した映像ファイルを、出力時でアップコンバートしてHDやブルーレイにしたところで、その映像はもはやHi-Difinition(ハイディフィニション)なんかじゃないわけです。映像であれ、音声であれ、一度捨てた情報は元には戻せませんからね。


この先録音される音源は、ハイレゾ音源を意識して製作されるでしょうから、出口だけのハイレゾ音源と言う可能性は低いのでしょうが(それでも各制作工程のスタッフの意識次第でしょうけど)、すでにデジタルマスタリングされた音源や、アナログテープに収録されたままの音源など、ハイレゾ以前に録音された音源をハイレゾ出力する時の工程や処理が一番問題になるでしょう。映像でいえば、昔の映像をフィルムから再度デジタル化した方が高画質になる場合もありますし、音の場合も処理次第では「これぞハイレゾ音源高音質!」と言う事もあるでしょう。


中間処理次第ではCDクオリティーのハイレゾ音源もあり得るので注意が必要ですよ!と言いたかっただけなんです(笑)。早くハイレゾ音源もCDと同程度の価格帯に落ち着いてくれたら問題ないんですけどね。昔の作品でCDよりも高額の場合はちょっと勇気が要りますね。でも差額もわずかになってきましたし、CDからの買いなおしでない限り、やっぱり私ならハイレゾ音源を買いますかねぇ~

■ハイレゾプレーヤー
ビックカメラ ハイレゾ特集icon

■ハイレゾ音源を買うならココ


■ハイレゾ入門本
丸ごと一冊ハイレゾオーディオ完全ガイド丸ごと一冊ハイレゾオーディオ完全ガイド
ハイレゾ音源を楽しむ PCオーディオ入門ハイレゾ音源を楽しむ PCオーディオ入門
超高音質で楽しむ!PCオーディオ完全ガイド超高音質で楽しむ!PCオーディオ完全ガイド
ハイレゾ音源ガイドハイレゾ音源ガイド


関連記事
「ようやくハイレゾ用機器や音源の値段が射程範囲に!」
「音楽も動画もメディアレスの時代になりそう」

スポンサーサイト



昨日は嫁の付き合いで街に繰り出しました。他の表現を思いつきませんので古臭くてすみません(笑)。終日嫁に付き合っていたのですが、一店だけビックカメラで物色するお許しをいただきましたので遊んできました。

私のiPodは大分古くなっていますし、携帯はガラケーなので(汗)、今話題のBIC SIMiconやらSIMフリーのスマホiconなんかを見つつ、どうせポータプルプレーヤーを新しくするならハイレゾ対応だよな~なんて、ハイレゾプレーヤーのコーナーも覗いてきました。


私が近所の家電量販店でハイレゾ音源を体感してきた約1年前は、プレーヤーだけでなく、音源自体の値段も高く、担当の店員さん自体も泣いていましたが、今ではかなりこなれた料金になっていますね。アルバムでも3000円~程度。すでに持っている音源を買いなおすのにはちょっと抵抗のある値段ですが、新たに買うのであればCDよりちょっと高い程度ですのであまり抵抗もないのではないでしょうか?私も俄然心の中でハイレゾ化が加速しました(笑)。


ビックカメラでは同じプレーヤーでいくつかアルバムを視聴してきましたが、単にハイレゾと言っても色々なスペックの音源がありますし、もっと言えば、録音状態や、どの音源からどうミックスしてハイレゾ化したか等、アルバムによって条件もまちまちなので、「これぞハイレゾ高音質!大迫力!ディテールもばっちり!」と言うアルバムもあれば、「う~ん。確かに音は良いけどレンジは狭いな」なんてアルバムもありました。プレーヤー等ハードウェアの差によるのは当然として、ソフトによっても音質は結構変わるんですね。意外でした。

ただ、新たに購入するのなら絶対CDよりはハイレゾをお進めできますけどね。値段の差もほとんどないですし。唯一の問題は、その音源をどうやって長期間保存し続けていくのかと言うことでしょうかね。意外とライトに「なくなったらその時はその時さっ」ていう感覚の若者が多い気もしますね。私は買ったコンテンツは死守したいですけど(笑)。


■ハイレゾプレーヤー
ビックカメラ ハイレゾ特集icon

■ハイレゾ音源

★視聴した中で一番「これぞハイレゾ!」と感じたアルバム(個人の見解です(笑))
The Eagles 「Hotel California」(flac 192kHz/24bit)

■ハイレゾ入門本
丸ごと一冊ハイレゾオーディオ完全ガイド丸ごと一冊ハイレゾオーディオ完全ガイド
ハイレゾ音源を楽しむ PCオーディオ入門ハイレゾ音源を楽しむ PCオーディオ入門
超高音質で楽しむ!PCオーディオ完全ガイド超高音質で楽しむ!PCオーディオ完全ガイド
ハイレゾ音源ガイドハイレゾ音源ガイド


関連記事
「音楽も動画もメディアレスの時代になりそう」
久しぶりにCDを買いました。私の趣味はどちかと言えば動画の方ですが、音楽にもそれなりに興味はあるんですよ。ただ、いかんせんCDを聴ける環境に無いのが辛いところ(笑)。レコードプレーヤーとアンプと古いCDプレーヤー、それにスピーカーが有るだけと言う簡素なオーディオシステムなんです。しかもそのCDプレーヤーは光デジタル出力のみでして、アンプには光のデジタル入力が有りません。つまりCDプレーヤーはただの物置台にしかなっていないと言うことです。

とは言え、パソコンのドライブでCDを聴く事は出来るんですが、何となく味気なくてあまり聴きませんね。パソコン用のオーディオ環境も作っていませんし。そこで以前、ハードオフのジャンクCDプレーヤーを2000円を奮発して買ってきたのですが、やはりジャンク・・・。まともに動かずに廃棄して以来、結局CDプレーヤーには手をつけずにいました。


しかし、この度CDを買ってちょっとオーディオへの欲望に火がつきました(笑)。と言いましてもいわゆるオーディオマニアの方々の様に注力する財力もスペースも有りませんので、ワーキングプアを地で行く庶民がいかにいい音で音楽を楽しめるかと言う哀愁たっぷりのテーマで考えていこうと思っているんです。子供の頃は、40歳になる頃にはある程度のモノは自由に買えると思っていましたが、少なくとも私の住む世界にはそんなメルヘンな現実は存在していませんので地道に頑張りますよ(笑)。


で、簡単にそれなりに評判のいいCDプレーヤーを検討しようかとも思ったのですが、昨今のハイレゾブームも有りますし、ただのCDプレーヤーを買うのもつまらない。むしろハイレゾ音源に興味を持つのであれば、ある程度の脱メディアを覚悟した方が良いかも知れません。



そこでまずハイレゾを勉強してみました。以下素人の戯言と思って参考程度にしてください(汗)。

ハイレゾっていわゆるハイレゾリューションの略だと思います(←ここは調べてないです(笑))。訳すと高解像ってことですよね。動画でも4K、8Kと解像度を追い求める流れですが、音楽でも解像度を高めていこうよって言う流れなんですね。

じゃぁ、高解像の音源ってなんだ?動画の品質をあらわす際にも、解像度・ビットレート・ビット深度などなど色々な要素が有る様に、音の品質にも色々な要素が有ります。その中でも一番重要とされているのが、サンプリング周波数と量子化のビット深度です。

【サンプリング周波数】
サンプリング周波数は簡単に言ってしまいますと、1秒間に何回サンプリング(標本化)しているかと言う事です。音は波形で表されますが、それをデジタル化する際に何個の点を使ってあらわせるかと言うのが重要で、例えばサンプリング周波数が10Hzだとすると1秒間に10個の点でしか波を表現出来なくなり、曲線だった音の波形はギザギザの粗いものになってしまいますよね?その差の分が音質の悪さになると言うことです。ちなみにCDのサンプリング周波数は44.1kHzですので、1秒間に44100回サンプリングしている(44100個の点を打って波を表現している)と言うことになります。

【量子化ビット深度】
一方のビット深度(ビット数)とは何か。先ほどのサンプリング周波数は波を表現する際に1秒間に何回点を遣うかと言う横軸の数字だったのに対し、量子化ビットは縦軸の分解数を表します。CDで言えば1秒間に44100回も点を打って波を表現しようとしているのに、縦軸であるビット深度が例えば10段階程度と少なかったら結局波形はギザギザの粗いものになってしまいます。単純に、横軸も縦軸も細かいグラフを使って表現した方が、オリジナルの流線型の波形に近いものを表現できますよね?この縦の分解数をビット深度で表しています。ちなみに、コンピューターの世界は2進数ですので、1ビット=2階調(2段階)、4ビット=2の4乗=16階調となります。CDの量子化ビット数は16bitですので65536階調の表現力を持っていると言えます。
ちなみに、このビット深度がダイナミックレンジ(≒S/N比)を決定しますから、音質への影響は大きいと言えますね。



さて、ざっと素人説明を拝読いただいちゃいましたが(笑)、何となくでも分かっていただけると嬉しいです。詳細は専門の方のHPをご覧ください(逃げ・・・(汗))。私も興味がありますので、追って勉強していくつもりですが、まぁ覚えておいていただきたいのは、CDの規格である44.1kHz/16bitを超えるデータ音源をハイレゾ音源と読びましょうと言う事です。もっと狭義な意味で言いますと、96kHz/24bit以上を指す場合もあります。DVDオーディオも48kHz/16bitでしたが、ハイレゾ音源とは言われていませんでしたしね(笑)。

ただ、CDの規格が策定された際に、44.1kHz/16bitでのデジタル化は人間の可聴範囲を網羅しているから、このまま再現出来さえすればこれ以上のスペックは不要だと言われていたんですけどね(笑)。もちろん当時からクラシック等のダイナミックレンジはCDの16bitでは再現できないから、音の大きい部分に圧縮をかけたり、音量調整をして収録してるなどの話も聞こえていましたけど。


今後ハイレゾ音源が流行るのか、4Kテレビの様に苦戦するのかは分かりませんが、今回買ったCDの為だけにCDプレーヤーに飛びつかず、ちょっと様子見をしつつ色々調べてみようかと思ったわけです。ただ、とにかく素人の戯言ですので、あくまで私個人の主観だと思って参考程度にしてくださいね。


■ハイレゾ音源配信サイト


■ハイレゾ入門
ハイレゾ音源を楽しむ PCオーディオ入門
丸ごと一冊ハイレゾオーディオ完全ガイド


関連記事
「NHKって8Kにマジですね・・・」
「第26回東京国際映画祭に行ってきました」
「4Kテレビに訴求力はあるのでしょうか?」
「解像度至上主義はやめて欲しい・・・映像はトータルバランスが大切なんです」