家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
ゲームをキャプチャーする事もない私は、テレビキャプチャーやVHSキャプチャー位しかキャプチャーカードを利用する事もないのですが、なぜかキャプチャーカードってワクワクしますね(笑)。私もPV3を持って遊んだ口ですので嫌いじゃいないんです。

ただ、PT2やPT3PT3でのTS抜き録画が出来ている現状において、テレビキャプチャーの必要性もなく、最近ではキャプチャーカードを調べる機会が減ってしまっていますが、キャプチャーカードメーカーの王道BlackmagicDesignからIntensityシリーズ最新作にして4KキャプチャーカードIntensity Pro 4Kが発売されていてちょっぴり心躍ってしまいました。

Intensity Pro 4K 公式HP

気になるIntensity Pro 4Kのスペックですが、NTSCとPALの両対応で、SDの480PからHDの1080P/60、更には4KとなるUHD30Pまで対応。UHDの60P以上に対応してはいませんが、それでも十分魅力的なスペックでしょう。この解像度よりももっと魅力的な点は、HDでは4:4:4に、UHDではYUV4:2:2のサンプリングに対応し、色深度も10bit処理。カラースペースこそBT.2020までの対応ではなくRec.709までではありますが、それでも十分に高スペックなカードといえると思います。DaVinci Resolve Liteなどのソフトも同梱され、さすが業務用でもトップクラスを誇るBlackmagicDesignの製品ですね。これで3万円を切った値段なわけですから驚きです。


ただ、Intensityシリーズの永遠の課題(笑)、コピーガード(HCDP)の問題があります。HDMI経由でのデジタルキャプチャーの場合はテレビ録画したデータなどのキャプチャーは不可能でしょう。アナログ経由でのキャプチャーの場合はコピーガード反応しない可能性が高いと思われます(確証はありませんので自己責任でお願いします)。仕方ないのですが残念ですね。とは言え近い将来ゲーム機も4K対応になりそうですので、ゲームキャプチャーボードとしては重宝されるかもしれません。あとは編集等も出来る高スペックなPCが必要ですので、その点もお忘れなく(笑)。

■4K対応キャプチャーカード
BlackmagicDesign Intensity Pro 4K

■HDCP対応 HDMIキャプチャーカード
サンコー HDMVC4UCサンコー HDMVC4UC

■TS抜きテレビチューナーカード
アースソフト PT3PT3:地デジx2 BS/CSx2 安定感・実績抜群
PLEX PX-W3PEPX-W3PE:地デジx2 BS/CSx2 PT3と双璧
PLEX PX-Q3PEPX-Q3PE:地デジx4 BS/CSx4 最大8チャンネル同時録画


関連記事
「HDMIキャプチャーカードに4ポート版が!・・・DM626 V2」
「HDMIキャプチャーカードの価格下落は続く・・・DN-PHVC626安売り中」
「サンコーHDMIキャプチャーカード HDMVC4UC発売」
「遂にHDMIキャプチャーカードが64bitOS+4GBオーバーメモリに対応か・・・DC-HA1」
「新HDMIキャプチャーカード DM626 H3登場・・・ポート数を変えてきたかっ」
「DN-PHVC626発売 どこまで続く?HDMIキャプチャーカード」
「Intensity Shuttleがより身近に・・・必要スペックが変わっていました」
「まだまだ出てくるHDキャプチャー機器・・Intensity Shuttle登場」

スポンサーサイト



最近では忙しさのあまり考えないようにしていたんですが、実家においてある数百本のVHSのテープをそろそろ整理しないといけない時期に来ています。時期と言うか年齢ですね(笑)。もう人生も折り返していますからね。

現在、何とかVHSデッキ(最後の動作は4年ほど前・・・)とLDデッキを所有していますので過去の映像資産を何とか出来るうちに手を打たないと。その”手を打つ”メインの作業は「捨てる」事だと思いますが、どうしても捨てきれない物はキャプチャしてデータ化するのがベストだと思っています。
とは言いましても、キャプチャと言うのは実時間以上の時間がかかります。たとえば2時間のVHSテープをキャプチャするのに2時間。キャプチャしたデータを編集・エンコードするのなら更に数時間。この作業を何十本、何百本とするには歳をとりすぎました(笑)。今我が家で出来るVHSキャプチャはCanopusのMTV2000でaviかMPEG2でキャプチャし、別のソフトで編集~エンコードと言う流れ。VHSデッキもPCも同時に必要になります。狭い我が家で常時その環境で置いておくスペースはなく、キャプチャの度に機器を出し入れするのも面倒・・・。でもそれが一番手っ取り早いんですよね。何も買わずに出来ますので。まぁキャプチャカードを持っていなくても、キャプチャをはじめたい人にとってはPCでキャプチャしちゃうのが安くて手軽でいいんじゃないでしょうか?安すぎてまともに動くか不安な位ですが(笑)。

■PCでVHSキャプチャ
I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2GV-USB2
プリンストンテクノロジー デジ造映像版3 PCA-DAV3PCA-DAV3:一部H.264対応


次に、作業の省力化を考えてみます。そこで考えられるのは、最初から圧縮率のいいコーデックでキャプチャしてしまう事。VHSからのキャプチャですので、SDサイズのMPEG2で画質的には十分ではあるのですが、たとえばH.264で圧縮しながらキャプチャした方が同程度の画質を求めるのならファイルサイズを小さく抑えられます。私の場合はDVDやBDに焼いて保存するつもりもありませんので、PS3の様なメディアプレーヤーで再生できる状態に出来たらOK。そう言う点でもSDサイズのH.264にしてしまうのは理想的です。※DVD化を考えるのならMPEG2にする必要があります。

で探してみたところざっと以下の商品が有名でしょうか。

■PCでVHSからH.264キャプチャ
SKnet MonsterHD 264 SK-MHD264
HAUPPAUGE(ホーポージ) USB接続式 ハイビジョンキャプチャーユニット Hauppauge HD PVR 2
Blackmagic Design ホームビデオレコーダー

やはり単純にキャプチャする商品よりはお値段が張りますね。ただ、ここまで出費するならもうPCすら要らないキャプチャデッキに走るのもありかも知れませんよ?

■PCなしでVHSからH.264キャプチャ
CENTURY かんたん映像レコーダー カンロク CADC-002
アバーメディア AVT-C293 [キオクのひきだし]

これらの商品はもはやPC無しでH.264エンコードしながらHDDなどへキャプチャしてくれます。いやぁこれ部屋もゆったり使えますし良いなぁ。ただし一点だけ注意点。MPEG2やaviなどは編集ソフトが山ほど有りますが、H.264コーデックに対応した編集&トランスコードソフトは意外と少なかったりします。ですのでPCでH.264キャプチャする機器にも言える事ですが、キャプチャした映像を編集やトランスコード出来るソフトが必要ですね。編集した後に結局再度エンコードしていては全く意味がないですからね。各キャプチャ機器メーカーもそう言うソフトまで付属して販売してもらえると良いんですけどねぇ。


いずれにしても早いところVHSのデータ化を進めなくては。でも買ったVHSソフトにコピーガードが入っていると、そのソフトを見る為に結局VHSデッキが捨てられないんですよね・・・。こういった所が不便です、色んな規制って。


関連記事
「VHSをキャプチャーして整理しようか」
「HDMIキャプチャーカードに4ポート版が!・・・DM626 V2」
「HDMIキャプチャーカードの価格下落は続く・・・DN-PHVC626安売り中」
「サンコーHDMIキャプチャーカード HDMVC4UC発売」
「遂にHDMIキャプチャーカードが64bitOS+4GBオーバーメモリに対応か・・・DC-HA1」
「新HDMIキャプチャーカード DM626 H3登場・・・ポート数を変えてきたかっ」
「DN-PHVC626発売 どこまで続く?HDMIキャプチャーカード」
「Intensity Shuttleがより身近に・・・必要スペックが変わっていました」
「まだまだ出てくるHDキャプチャー機器・・Intensity Shuttle登場」
毎度毎度ながら更新やコメントが遅れましてすみません。反省です。ボーナスも出ないのに連日働かせる会社が悪いんだー!と社中叫びながら午前様帰宅の毎日です。

そんなカイジの様な馬車馬労働人生ながらも、8月に3日ほど連休(夏休み)が取れそうな予感があります。久しぶりの連休ですので何をしようか・・・と迷っています。ずっとお伝えしています通り、Windows7のインストールが第一課題ではありますが、それだけでもつまらない。そんな中こんな記事を見つけました。

ビデオテープの映像をBDに保存する方法


技術的に目新しい記事ではありませんが、実家に何百本のVHSテープを残している私としては

「あ、これしなきゃ」

な記事でした。勿論全てのVHSをキャプチャ(デジタル化)する気はありませんが、人生の折り返しを過ぎている身としましてはVHSテープの整理自体を始めないと。夏休みの課題としてちょっとずつVHSを整理することにします。

例の悪法によってコピーコントロールの回避すら違法となってしまいますが、たとえばコピーガード等入っている映像のキャプチャーって黒なんでしょうかね?コピーガードを回避するとアウトなのでしょうが、キャプチャーはどうなんでしょう?VHSの時代もマクロビジョンのコピーガード等入っていました。市販のBDレコーダーはキャプチャ出来ない様に反応するのでしょうが、アナログコピーガードに反応しないPCキャプチャー製品は山の様にあります。これって違法なのでしょうかね?私がキャプチャしようとしているVHSはTVからの録画テープですのでコピーガードも何も入っていませんので、それこそBDレコーダーでダビングしてしまえば楽ですけどね。

でも、PT3の各種ソフトすら大っぴらにアップされなくなっている今、再度ハイビジョンキャプチャのブームが来ないとも言い切れません。技術的にもそうですが、法律的にどうか知りたいです。


話が逸れましたが(笑)、VHSのデジタル化(私はBDにはしませんが)・・・ちょっと楽しみです。


■PCでVHSキャプチャすれば編集もエンコードもさらに簡単
I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2GV-USB2
プリンストンテクノロジー デジ造映像版3 PCA-DAV3PCA-DAV3



関連記事
「HDMIキャプチャーカードに4ポート版が!・・・DM626 V2」
「HDMIキャプチャーカードの価格下落は続く・・・DN-PHVC626安売り中」
「サンコーHDMIキャプチャーカード HDMVC4UC発売」
「遂にHDMIキャプチャーカードが64bitOS+4GBオーバーメモリに対応か・・・DC-HA1」
「新HDMIキャプチャーカード DM626 H3登場・・・ポート数を変えてきたかっ」
「DN-PHVC626発売 どこまで続く?HDMIキャプチャーカード」
「Intensity Shuttleがより身近に・・・必要スペックが変わっていました」
「まだまだ出てくるHDキャプチャー機器・・Intensity Shuttle登場」