家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
この土・日に嫁と小旅行を兼ねて車で東京の都心部へ繰り出しました。田舎住まいの私は都心へ出る事自体がイベントですが、今回のメインの目的は液晶テレビ購入!以前お話しました通り、私の実家の寝室・書斎に置くサブテレビを探すつもりでしたが、その話を聞いた嫁が、嫁の実家用のメインテレビも買いたい!との事でしたので、合計3台のテレビ探し道中になりました。目指すは家電激熱地区池袋!&新宿!


私の実家用テレビはとにかく低予算で!と言う命題が下っておりまして、第一候補はシャープのAQUOS LC-32E7(32インチ)。こちらはシャープの看板である亀山パネルも非搭載で機能的にも必要最低限に抑えられている分、価格もかなり安くなっております。新エコポイントにも対応していますので実質3万円台以下で買えるテレビと言えると思います。実際店頭で見た感じですと画質的には全然問題無いレベル。確かに残像は気にすれば気になりますが、見ていられないレベルでは無かったですね。それよりもリモコン等の操作性も良く、これなら両親でも普通に使えると思いますし、コストパフォーマンスは素晴らしいと感心し購入決定!


さて2台目はどのテレビにしようかと迷います。AQUOS LC-32E7よりも値段が安くクオリティもそこそこのテレビはちょっと見当たらない感じでした。LC-32E7に+1万円位で1段階上のグレードのテレビが選べます。たとえばシャープのLED AQUOS LC-32SC1や東芝のREGZA 32R1辺りが購入候補機種となります。LC-32SC1で言うとLED高画質+亀山パネルムーブセンサーで自動電源OFF等の機能がつきますし、REGZA 32R1ですと録画機能やISPパネルによる視野角の広さが売りとなります。もう1台を録画機能付きのREGZA 32R1にするかで最後の最後まで迷いましたが、32R1がCATV録画非対応である事と、次期ブルーレイレコーダー製品への期待が持てる事を考慮して、今回は録画機能をテレビには付けず結局AQUOS LC-32E7を2台購入する事で落ち着きました。お陰で相当安く仕上がりました。


一方嫁のテレビ選びはと言いますと・・・。

嫁の御両親からの唯一の希望。

オートターン機能付きで


・・・ハイ。三菱一択ですね(笑)。


店頭で見て感じたんですが、三菱の液晶テレビの売り場って少ないですよねぇ。そもそも三菱自体があまり液晶テレビの宣伝に力を入れていない様な・・・。でも三菱のテレビも決して悪いモノではないですよ。今回たまたま三菱REAL・シャープAQUOS・パナソニックVIERAの42インチが並んで展示されていたのですが、個人的な好みで言うとREALが一番でした。ノイズでは残念ながらAQUOSの方が目立たない感じでしたが、色の自然さで言えば三菱REALでしたね。AQUOSもVIERAも色がベタっとしていました。その分エッジの効いたシャープな映像に見える事は確かですが、私としては自然な発色の方が好きです。


まぁそんな画質比較云々をしても、オートターンが付いているのは三菱REALのみ。6畳強のリビングに設置するようですので40インチオーバーのREALを候補に。また、私には冷たくても(涙)御両親思いな優しい嫁は、映画好きな両親の為にブルーレイ搭載のオールインワン機種を希望。そこまで希望があると話は早いです。アッと言う間に機種が決定。BHRシリーズはブルーレイ+HDDで録画&再生に完全対応!調べたところ現行機種のBHR400は40インチか46インチ。型落ちのBHR300シリーズだと42インチ。「等身大のマリオブラザーズを死ぬまでにやってみたい」が口癖な嫁はテレビの価値はサイズだ!と言わんばかりなので予算オーバーの46インチLCD-46BHR400はパスして、42インチのLCD-42BHR300を購入!

BHR400からLEDバックライト採用との事ですので予算が許せばBHR400シリーズを買っても良かったですかね。もうBHR400は値段が落ちてきていますしね。とは言えサイズ重視の嫁にはいい買い物だったと思います。でも我が家のREGZA 37Z8000より良いテレビ買ってあげてるってのは正直ちょっぴり悔しいですが(笑)。


実際にAQUOS LC-32E7とLCD-42BHR300を使用したら改めてレビューを書きたいと思います。っとその前に凄い事実を知ってしまいました。あくまでカタログ上でですが、三菱REALのBHR300あるいはBHR400シリーズって、ケーブルテレビのSTB(セットトップボックス)からのiLink録画に対応してるんですね!!!レコーダーでもなかなか対応していないのにテレビ録画でCATV対応してるなんて素晴らしい!こんな機能搭載しているなんて知りませんでした。REGZAでもBS/CSまでですから。三菱REALのBHRシリーズって良い機種だなぁ。ホント三菱は宣伝下手だなぁ~(笑)。


SHARP AQUOS LC-32E7
SHARP LED AQUOS LC-32SC1
東芝 REGZA 32R1東芝 REGZA 32R1

三菱電機 REAL LCD-42BHR300
三菱電機 REAL LCD-40BHR400三菱電機 REAL LCD-40BHR400
三菱電機 REAL LCD-46BHR400



関連記事
「2台目・3台目の液晶テレビを考える」
「中型液晶・プラズマテレビ選びが難しい?」

スポンサーサイト



各メーカーが続々と新型ハイビジョンレコーダーを発表しています。時期を見てここでも各社の特徴をまとめようかと思ってはいるんですが、その前にやっぱり衝撃だったパナソニックの新型レコーダーの発表内容を避けられずには居られませんでした(笑)。詳しくは公式HPやこちらの記事をお読みください。

パナソニック、BDXL/3D対応でBD→HDDムーブもできるDIGA


高画質化や3D対応、AVC録画機能の向上、最大128GBの「BDXL」メディアへの記録に対応なんてところは実は想定の範囲内でした。ですが「放送番組の1080/24P再生対応」や「マルチタスク処理の向上」は手放しに褒めるまではいかないまでも、素晴らしい性能アップだと評価出来ます。


まぁでもとにかく驚いた事。それは

BD-R/REにダビングした番組を再度DIGAのHDDにムーブ(コピーフリー番組はダビング)する機能
DTCP-IP機能の向上

でした。

この二つの機能はもしかしたらこれからのレコーダーの流れを変えてしまう機能かも知れませんよ。と言うわけでパナソニック新機種発表記念と言うわけで、以下私の妄想を連ねます(笑)。根拠も何も無いですが、一時的に幸せな気分に浸ります。


前述の2つの機能。それが何故幸せになりうるのか?

まず①のBD→HDDへのムーブ(コピー機能)ですが、この機能は国内全てのメーカー内で初めての機能です。その記念すべき機能のおかげで孫コピーブルーレイ作り放題!になったわけですね。だって-REはムーブになってしまうでしょうが-Rなら元のデータは残るじゃないですか!もし他社製のレコーダーで書き出したBD-R/REからでも移動できる機能だとしたら鬼に金棒。もはやBDAVリッピングを止める人も出るでしょう。


で、次の②ですが、ちょっとこちらを見てください。

Wチューナー搭載最下機種BW690のネットワーク機能

このページの一番下の項目に「HDD内蔵テレビなどで録画した番組をディーガに残せる」と有りますが、パナソニック製のビエラだけに対応とはうたっておらず、”※1 HDD内蔵テレビなど対応機器に関して詳しくはサポートサイトに公開予定です。”とされています。・・・と言う事は?・・・REGZAで録画したコンテンツの移動も可能になるかも!!?って事です(勿論他メーカーのテレビも然りです)。やりました。これで東芝製レグザリンクダビング対応機種縛りが無くなるんです!いや、決して東芝製レコーダーが嫌いなわけではないんですよ。むしろ好意的です、私は。ですがテレビとレコーダーのメーカー縛りは全く消費者にメリットが無いので嫌いなのです。これでようやくそんな日々から開放されます!!



。。。


正気に戻りました。では・・・答え合わせをしましょう(笑)。もう一度言っておきます。今述べた2つの機能の中身については完全に私の妄想です。正しいかどうか分かりません。ですが、妄想ですので間違っているとも言い切れません。全ては発売時のメーカー発表や説明書を読むまで分かりません。ですが、分かる範囲で訂正しておきます。妄想だけでは生きていけませんものね(笑)。

①に関してですが、HiVi記事内に”BD-Rは未ファイナライズのメディアのみ、HDD戻しに対応する”と有りました。この時点でコピーガード付きコンテンツのBD-Rからのムーブ時は、元のBD-Rのデータを何らかの形で読めなくすると予想出来ますね。しかもファイナライズしていないディスクと言う時点で他機種からのBD-Rは読めない可能性も高いと思います(→追記:BDではファイナライズしなくても問題ないらしいです)。当然BD-REの場合は元データを消してしまうでしょうし、結局孫コピーは無理なんじゃないでしょうかねぇ。

次の②に関しては①よりは可能性が有ると思っています。新機種はDTCP-IPのサーバー・クライアント両機能を持つわけですし、理論上出来ないものでもないかな?って思っています。が、REGZAで録画したデータは固体別の暗号化がなされていますし、東芝・パナソニック間でDTCP-IP機能が全て上手く連動する保証もないわけです。メーカーは連動させない事も出来るわけですから、結局発売まで分からないが楽観できないだろうと言うのが実態でしょうか。(→2010.9.28追記:REGZA(TV)からのリンクダビングは不可能でした・・・)



まとめてしまうと結局まだ分からないと言うのが正直なところです。しかし本音で言えば上記の妄想通りにはならないだろうと思っています。でももっと腹を割って言ってしまえば、AnyDVD HDのお陰でBDAVリッピングが出来ている昨今、PCで編集するつもりの私にはBD→HDD戻しは必要ないし、万が一必要だとしても、手間こそ違えどソニー機もパナソニック機もHDD戻し成功実績も有るわけです。 ですからブルーレイレコーダーの子供だましな機能は必要ないわけですよ。パナソニックは一番AACSに敏感なメーカーだとは思うんですが、どうせならここは一つ無料放送にはコピーガードがかからないレコーダーを作って欲しかったなぁ。BW-PT3発売!(笑)。それこそ時代が動いたなぁ。


予約値段が意外と安いような・・・?
DMR-BW690(500GB)
DMR-BW890(1TB)
DMR-BWT1100(500GB・3D再生)
DMR-BWT2100(1TB・3D再生)
DMR-BWT3100(2TB・3D再生 フラッグシップ機)

最終的にどうなるかは分かりませんが、一応今のところ、家電へのエコポイント支給時期は今年いっぱいとなっております。個人的な予想では地デジ移行時期まで引っ張る様な気はしていますが。仮にエコポイントが年内いっぱいだとすると、テレビ等の家電を(エコポイント分を含めて)底値で買うチャンスは現実的にはこの8月~9月位が最後なのではないかと思ったりしています。勿論今後も更に液晶テレビやブルーレイレコーダーの価格は落ちては行くでしょうが、当面の底値と言う意味ではエコポイント補填がある今と言えるでしょう。

家電の値段が一番下がるのは、地域差もあるでしょうが、私の経験上では年末年始です。だとすると年末年始を狙いたいところですが、今年の場合エコポイント支給を狙った駆け込み購入者が増えると予想されます。その状態で家電量販店は値段をガッツリと下げてくれるでしょうか?意外と強気の値段設定も有りえるんじゃないかと思っているんです。仮に値段が安くなったとしても商品の品薄状態は避けられないでしょうから、どちらにせよじっくりと良い買い物をすると言う意味でも、各種家電製品が新型に移行する今からの1ヶ月位は(旧型になる現行機種の)狙い目なんじゃないでしょうか。あ、エコポイントが延長になるのならやっぱり年末年始が一番狙い目だとは思いますけどね。


で、本題です。前述の予想はあくまで私の個人的な予想ですから当たる保証など無いのですが、何となく尻に火が付いてきた感があるのも事実で、この時期に両親に頼まれていた寝室用・書斎用テレビ購入プランを本格的に考える事にしました。実際に買うまでは私の優柔不断なテレビ選びを一方的に語っちゃうかもしれませんが、お暇な方はたまにお付き合いください(笑)。


では、改めて両親の希望を。

・寝室用・書斎用なので大きいテレビは要らない(26インチ位が希望かな)。
・画質や音質なんてどうでもいい。
・録画も別に出来なくて良い。
・筐体のデザインも別にどうでもいい。
・置くスペースはそれほど大きくない。
・地デジが見られれば良い(BS/CSは見ない)が、現在地元のCATV(アナログ)契約をしている。
・CATVのパススルーで地デジ電波は来ている。
・DVDのソフトは買っているからそれは寝室でも見たい。
・古いテレビを回収して欲しい
・ブルーレイ?青いの?うまいの?


以上が両親からキツく(笑)言われた項目です。ここまで執着が無いと逆に選びにくい様な気がしますが・・・。サクっと量販店やネット上の情報を見てみますと26インチと32インチの値段差はあまり無いんです。なんか勿体無いんで32インチに決めちゃいました。前回の帰省時に32インチを置くスペースがあることも確認してきましたので。しかし未だに小型液晶テレビは高いですね。メーカーは3Dに飛びつかせようと必死ですが、小型テレビのコストダウンも頑張って欲しいものです。普通の家庭ではこれから2台目・3台目の小型液晶テレビを買う人も多い訳ですからね。3Dテレビの価格ダウンを狙っている人よりもそう言った人の方が多いと思いますけどねぇ。メーカー的には儲からないって理屈でしょうが・・・。話が逸れましたが、とりあえず32インチ液晶テレビで候補を絞っていきます。


ちょっと調べたんですが、37インチと32インチのテレビの間には大きな壁が有りますね。例えばフルHD。1920x1080で表示出来るかどうかと言う事ですが、37インチ以上ではフルHD対応機種が豊富ですが、32インチ以下の機種でフルHDを採用している機種は大して有りません。また倍速表示と言うフレームレートを2倍や4倍にする事で液晶テレビの弱点である残像を目立たなくする機能ですが、こちらも然りで、32インチ以下の機種で倍速表示を採用している機種も多くはありません。それ以外にも録画機能や高画質化機能等々37インチ以上のテレビでは普通に搭載されていても、32インチ以下では非搭載と言うテレビが多いですね。こう言った点でリビング用のメインテレビを買うなら可能であれば37インチを勧めたくなりますね。ですが32インチ以下であればこれらの機能が無くても一般的な視聴には問題無い(画面サイズが小さい分弱点が目立ちにくい)とも言えると思いますので、実際に見比べて予算やスペースを考えて選べば良いのではないでしょうか?


私も今後量販店で実際に見比べてみようと思っていますが、気になっているのは残像だけですね。両親はコストパフォーマンスを重要視していますので、画質はこの際そこそこで良いのでフルHDは不必要。と言いますか、私の親が解像度の差を見分けられるとは思えませんし(笑)。残像だけはあまりにも酷いと酔いますのでそこだけはチェックしてきます。本当は動体視力も違うので本人が見て欲しいのですがね。


それからもう一点だけ迷っている点。それは録画機能をどうするか。両親は不必要との事ですが、実は私が欲しい(笑)。現在私が住んでいる所と、実家は放送局が違いますので番組も結構違っています。今は便利な事にメールから録画予約が出来る時代ですので、そう言った機能が付いているテレビかレコーダーを買うかして私の録画生活を充実させたいんです。完全に個人的理由です。ごめんね、母ちゃん(笑)。


とりあえず上記を踏まえて

●コストパフォーマンス最重視の安い32インチテレビ
●録画機能付きのテレビ or 安いテレビ+ハイビジョンレコーダー
●どちらも新エコポイント対象機種

この組み合わせで考えています。TS抜きを考えると圧倒的にレコーダー+AnyDVD HDレコーダーリッピングにも対応)の方が便利ですけどね。テレビを我が家と同じREGZAで統一しておいて、我が家がREGZAブルーレイレコーダーを買ったらレコーダーを持って帰省してムーブしてくると言う手も有りますが、ちょっと面倒くさいかなぁ。


まぁ色々迷ってみます。



関連記事
「中型液晶・プラズマテレビ選びが難しい?」