家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2010/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/01

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
いやぁとうとう今年もあと1日。つまりAnyDVD HDのlifetimeライセンス(永久ライセンス)購入のチャンスもあと1日となってしまいました。私も最後の最後まで迷いましたが今回は購入を見送る事にしました。

今回lifetimeライセンスの購入を見送った一番の原因は

ブルーレイレコーダーを買う気力が日に日に低下している

からです。ご存知の通り、AnyDVD HDは市販ブルーレイソフト(BDMV)のリッピングと同時にブルーレイレコーダー(BDAV)のリッピング(TS抜き)にも対応しています。ブルーレイレコーダーを持っていない私にとってはAnyDVD HDの美味しい機能の半分しか使わないわけです。1万円以下で買える今の内にとりあえずlifetimeライセンスを購入しておいて、後々ブルーレイレコーダーを買った時にBDAVのリッピング機能も使えば良いとも考えました。ですが、最近のブルーレイレコーダー周りのきな臭い動きを見ていてとことん家電レコーダーの購入意欲が削がれているんです・・。



◆私がブルーレイレコーダーに嫌気が差してきた理由

①東芝のブルーレイレコーダーの不具合報告が多すぎる
REGZAユーザーの私にとって、やはり1番の購入候補機種は東芝機になります。REGZAで録画したデータをレコーダーに移動できますから。ですがブルーレイレコーダー1年生の東芝はまだまだお粗末な感じです。他メーカーの機種でもREGZAから移動出来る様にしてくれれば良いのですが、中々そうなりそうもありませんのでしばらく様子見せざるを得ません。次期東芝機ですとAACSも余裕でV20オーバーでしょうからその時はAnyDVD HDなどのリッピングソフトが無いとTS抜きは不可能でしょうが。


②東芝vsSARVHの裁判での裁判長の発言
事の経緯はこちらをご覧ください。簡単に説明しますと、SARVH(私的録画補償金管理協会)は映像の著作物には全て”補償金”と言う名のみかじめ料をかけたいわけです。従来のアナログ録画時代はそれで良かったのですが、デジタル録画の時代になって「デジタル録画では録画自体に制限をかけているのに、更に補償金を取るのはおかしくない?」と東芝やパナソニックなんかが支払いを拒否した事が問題となりこう言った裁判になっているわけです。私もこの意見に賛成です。コピー制限をかけないのなら補償金を払う事には同意しますが、コピーもしにくくされた上に従来通り金はよこせでは納得がいきません。
で、今回の裁判では見事東芝が勝ったのは良いのですが、裁判長曰く「東芝が消費者から補償金を徴収する義務はない」という理由からなんです。そこは正直我々消費者にはどうでもいい話。問題の補償金の矛盾点に関して裁判長は「デジタルDVDレコーダーは、利用者が著作権料を負担すべき機器に該当する」と言っています。これが一番ショックです。つまり今後徴収方法は考えないといけないが、どれだけ録画を規制しようが補償金は取っても良いよって言う判決ですから・・・。


③私的利用におけるアクセスコントロールの回避も違法化
このブログでもたまに愚痴っていました(笑)、例のリッピング禁止法です。ここまで来るともう家電レコーダー自体に何の楽しみもなくなってきました。更にここまでされるならSARVHやB-CASなどに1円も払いたくない!って駄々っ子化してるんです、私(笑)。「寄生虫が主を殺したら共倒れなんだぞ!」って事です。伝わってます?(笑)


④Cinaviaによる新たなコピー制限
Cinaviaについてはまた取り上げようと思っていますが、掻い摘んで説明しますと「音声トラックにコピーコード(コピーガード)を入れておき、そのコンテンツが無認可コピーされた場合は再生を制限する事が出来る(再生しない様に出来る)」大まかに言いますとそんな機能です。この為にはCinaviaに対応した(Cinaviaに反応して再生をストップする)機器が必要になりますが、有名な機器ではPS3がCinavia対応機です。SPE(ソニーピクチャー)のブルーレイソフトにもCinaviaが採用され始めていますので、ソニーは本格的にCinaviaの導入を目論んでいるようですね。
で、今私が問題に思っている点は二つです。PS3のCinavia化がファームウェアのバージョンアップで対応出来た事。これはつまりその気になればどのブルーレイレコーダーもCinavia対応機になりえる事を意味します。ソニーのブルーレイレコーダーは危ないと思います。まだ大丈夫のようですが。
それともう一点の問題点は、ダビングしてもエンコードしてもCinaviaのコピーコードが消えないという点。まだCinavia自体が表舞台に出てきたばかりですので、これから頭の良い勇者達によって回避方法が編み出される事を祈りますが、放送波にCinaviaコードを入れられた場合PT2で録画しても再生できないTSファイルになる可能性があります。


長くなってしまいましたが、大きく言うと上の4つの理由でブルーレイレコーダーから興味が薄れていっています。勿論、安定録画と言う意味で欲しくないわけではありません。いつかは買うだろうなとも思っています。ですが自分の中での優先順位が下がっているのも事実。それに伴い今回はAnyDVD HDの購入を見合わせました。まだちょっぴり迷っていますけどね(笑)。だって安いですもん。

ま、どうしても必要になったらAnyDVD HDの4年ライセンスを買いますよ。もったいない気もしますけど。もしくは最近確実に機能アップしてきたDVDFabシリーズでも良いですね。こちらはまだ永久ライセンスの販売を続ける様ですので。個人的には過去に使用経験も有って慣れているAnyDVD HDの方にまだ気持が行っていますが。やっぱり安い今買うべきか?・・・あと1日迷います(笑)


とりあえず今のうちに勝っておくべき?!
AnyDVD HD:lifetime購入最後のチャンス?・・・明日12/31まで
DVDFabシリーズ


関連記事
「AnyDVD HDのlifetimeライセンス販売が年内で終了に」
「ブルーレイリッピングソフト Any DVD HD がついにBDAVにも対応!」
「また日本に悪法が誕生するのか・・・アクセスコントロール解除も違法へ?!」

スポンサーサイト



私、仕事がら年末年始って激務です。ここ何年か職場以外で新年を迎えた事が無い位でして。会社的には年末年始が稼ぎ時ですのでサラリーマンな私は働かざるを得ませんが。

まぁ、その事自体は問題ではないのですが、今超Hotな商品・・・「TS抜き」チューナーカードのPT2PX-W3PE、そしてAnyDVD HDのlifetime(20%OFF)の購入時間が全く作れません。AnyDVD HDのlifetimeの販売は今月いっぱいですし、PX-W3PEはたまに在庫ありiconとなっているとは言え、PT2もPX-W3PEもまだまだ品薄状態。見つけたら速攻でネットで買ってしまえば良いって話も有りますが、私はちゃんと落ち着いて買いたい性分なんです(笑)。とりあえず、年末までに1日位・・・いや半日位在宅出来そうな予感がしていますのでその時にでも狙ってみるつもりです。
※ちょっと思ったんですが、こちらを見ていただくと分かります通り、AnyDVD HDのlifetimeの販売が今年いっぱいで”停止”となっていますね。”停止”って事は”再開”って事も有りえたりして。ま、どっちみち安い今買っておいても損はないでしょうが。


さて、AnyDVD HDはともかくとして、PT2とPX-W3PEに欠かせないものと言えばB-CASカード。PT2もPX-W3PEもB-CASカードを別途入手しなくてはいけません。B-CAS社に

「中古で買ったBDレコーダー等(型番必要)にカードが付いていなかったから再発行してくれたまえ」

なんて言えば2000円+送料で赤B-CASカードが再発行してもらえるらしいですが、何かB-CAS社を儲けさせているだけな気がしますし、そもそも嘘をつくのは法律的にもアウト?な感じですので私は必死で皆さんを止めておきます。やめてくださいね(笑)。ではどうすれば良いのか?

私の場合、SKNETのMONSTER TV HDPには青B-CASカードが付属していましたのでそれを使用。PT2は復号化の時だけREGZAの赤B-CASカードを拝借したりしなかったりな感じです。でも流石に面倒は面倒なんです。だって録画データを見る度に必ず復号をしなくてはいけませんから。どうせなら復号しながら録画したい。


秋葉原には安いところで2000円位で赤のB-CASカードが売っている店が有ったりする様ですが、中々秋葉原まで行けない私には無関係(涙)。なんて思いながらいつものGENOをiPodでネットサーフィンしていたらB-CASカードが売られているではありませんかっ。こんなに堂々と売っていていいものなの?(笑)。ま、GENO曰くB-CASカードは”PCパーツ”ですので問題ないのでしょう(笑)。
GENOでは赤B-CASカードが2999円赤B-CASカードが2999円青B-CASカードが999円青B-CASカードが999円で売られています。赤B-CASカードでは地デジの他にBS/CSの有料チャンネルも視聴できます。青のB-CASカードは地デジとBS/CSの無料放送が視聴できます。スカパー!e2の無料放送だけなら青カードでも見られますよ。でももしGENOで売られている赤B-CASカードでBS/CSの有料チャンネルの1週間無料放送が観られたらラッキーですね。さらにスカパー!e2の16日間無料体験も申し込められれば十分元は取れるかと。まぁ、毎回赤B-CASカードを買って16日間だけスカパー!e2を無料体験していては損でしょうが、PT2やPX-W3PEなどのチューナーカード用にB-CASカードを買う分には十分価値は有ると思いますね。


■GENO販売 B-CASカード
B-CASカード 赤B-CASカード 赤
B-CASカード 青B-CASカード 青


■PX-W3PE販売店
パソコン工房のデスクトップパソコン
フェイスインターネットショップ
パソコン専門店TWOTOP
※それぞれの販売ページをご紹介したいのですが、URLが日によって変わる可能性がありますので、トップページよりお探しください。
●検索してもヒットしない場合(例パソコン工房):TOPページ左側の「自作パソコンパーツ周辺機器」の中の
「拡張インターフェイス」-「TVチューナー・キャプチャー」コーナー内にある事が多いです



■PT2販売実績のある店(私が実際にPT2販売を目撃した店舗)
☆ドスパラWeb通販プログラム☆:メール会員になるとチャンス大?!
BTOパソコンなら!グッドウィル『BTO STORE』
パソコン工房のデスクトップパソコン
パソコン専門店PCDEPOT WEB本店
amazon(アマゾン)


■お奨めカードリーダー
NTT-ME SCR3310



関連記事
「やっぱりと言うか・・・PX-W3PEのBonDriver放流!!」
「意外と安い?18800円でPX-W3PE販売開始」
「年末年始はTS抜きフィーバーか!?PT2 vs PX-W3PE vs AnyDVD HD」
「今から買えるTS抜き可能チューナーカード」
「スカパー!e2 16日間無料体験 体験中!」

私もチョクチョク利用させてもらっているNTT-X Storeの「ゆく年くる年在庫処分特価コーナーゆく年くる年在庫処分特価コーナー」が2011年1月4日まで開催されていますが、物によってはかなり安くなっています。こちら1月4日までとなっていますが、在庫処分と有りますので品数に限りがあると思われますので、欲しいものが見つかったら早めに買った方が良いかも知れません。
※NTT-X Store内の「クーポン」ですが、WEBから買えばクーポン表示金額をそのまま値引いてくれますので、実質表示金額-クーポン額で買えます

かく言う私ですが欲しい商品はいくつか有りましたが即決出来ていません(笑)。まだ全ての商品を見たわけではありませんが、パッと目に付いた欲しい商品をピックアップしてみました。自分用メモ的な意味合いが強い記事ですので、興味ない方ごめんなさい。


◆シリコンパワー メモリモジュール 240Pin DIMM DDR3-1333(PC3-10600)4GBx2枚組シリコンパワー メモリモジュール
今メモリは滅茶苦茶安くなっていますね。私がメモリを買った今年の春先は2GBx2で1万円していました。今では4GBx2で7000円ちょっとですよ。どこまで価格が落ちるかは分かりませんが、上記シリコンパワーメモリは今回7000円を切っていますので買っておいても良いかなって思っています。


◆HP ML110 G5 Celeron440 2.0GHz 1GB 160GB 4456070-CSETML110 G5
このブログでも何度も紹介しているHPの激安サーバーPC ML110 G5です。今回また7980円で出ています。新品でここまで安いPCを見つけるのは相当難しいかと(笑)。目的によってはデスクトップPCとしても使えるでしょうし、勿論サーバーとしても使えます(OSは別途必要ですが)。7980円ですので遊び用として買おうか迷っています。ただ、今私はファイルサーバーとしてのPCを探しているので、HDD搭載上限が3TBのこの機種よりはNECのGT110bGT110bの方が魅力的。こちらは6TBまで搭載可能ですので。とは言え値段がG5よりも高いんですよね。それでもたったの16800円ですが(笑)。iPodより安いんですがね。その値段でも迷う辺りに私の小遣いの少なさが現れている訳です・・・。


◆コレガ 4BAY RAID対応 eSATA/USB2.0接続 SATA3.5インチハードディスクケース CG-HDC4EU3500CG-HDC4EU3500
ファイルサーバー用のPCと同時に検討しているのがNASの導入です。こちらの商品はLANポートが有りませんのでNASとは言えませんが、それでもHDDを4台(計8TBまで)搭載可能でeSATA接続が可能ですので、通常使っているメインPCからデータを送るのも楽で良さそうな感じです。RAID機能搭載のHDDケースでここまで安いのはなかなか有りませんし、これは即決しかけましたが残念な事にこのケースはRAIDでの使用のみ可能との事。シングルでのHDDは認識してくれないそうです。私はまだ32bitOSしか持っていませんので、8TB分のHDDを認識できないでしょうしちょっと宝の持ち腐れ感が有りますね。そろそろ64bitOSを導入しろって話ですが。


◆コレガ 4BAY RAID対応 eSATA/USB3.0接続 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EUS35-WCG-HDC4EUS35-W
こちらは先ほどのCG-HDC4EU3500の上位機種とでも言いましょうか、USB3.0に対応してPC連動電源機能も付いている機種です。さらに正式にREGZA対応となっています。これからを考えるとちょっと値段は上がりますがこちらを検討するのも有りです。こちらもRAIDでの使用のみ可能との事ですのでやはり私は二の足を踏んでしまっています。


まだまだ激安商品が沢山ありますので、今晩にでも掘り出し物を探してみるつもりです。お暇な方は買わないまでも見るだけでも楽しいですよ(私だけ?)。



関連記事
「激安サーバー vs Atom省エネPC vs CULV省電圧PC」
「サーバー用マシンがML110 G5が激安です」