家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2015/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/06

このブログは
このブログは家電やパソコンパーツ等を中年オヤジの少ない小遣いの中で買っていく奮闘記です。
実際に店やネットを回って得た比較情報や、購入して使ってみたレビューなどを書いていきます。
皆さんの家電・パソコン選びの参考になれば幸いです。
※でもあくまで自己責任で買ってくださいね
Blu-ray Disc Association(BDA)が、4KやHDR(ハイダイナミックレンジ)などをサポートする次世代Blu-ray Disc「Ultra HD Blu-ray」の規格策定を終えたそうです。

BDA、Ultra HD Blu-rayの規格策定と新ロゴを発表――2015年夏からライセンス開始

現在のブルーレイの規格では、映像の解像度はHD(1920x1080)までですが、Ultra HD Blu-rayでは4K(3840x2160)まで対応可能となります。その他、対応コーデックの拡大(HEVC)、フレームレート、色調やダイナミックレンジの拡大など、高画質化ヘ向けてより技術的に進歩しています。


映像や音質のクオリティアップや、ユーザーの利便性の向上など、新たな規格を楽しみにすると同時に、今回の規格策定完了で喜ばしいのは、エンコードする際の指標が見えてきたという点です。まだ具体的な規格内容も分かりませんし、ブルーレイの詳細な規格書は販売される事が多いため、私が直接目にする事はないでしょうが、それでも次世代のプレーヤーやレコーダーがこの規格に沿う形で製造される事は間違いないでしょうから、我々ユーザーも大まかな方向性を掴む事が出来ます。


個人的にエンコードを楽しんでいる方にはこの気持ちはお分かりいただけるかと思いますが、一言にエンコードすると言っても「どの形式にエンコードするのか?」が非常に重要になってきます。
・YOU TUBEにアップしたい。
・DVDやBDにオーサリングして残したい。
・NASに保存してリビングのテレビで直接再生したい。

色々目的はあるかと思いますが、目的に合わせたエンコードが必要となります。YOU TUBEにアップする為の動画を、テレビで直接再生できるかどうかは、テレビ側の対応コーデックによります。現在のブルーレイ規格であるBDMVやBDAVで保存する際に、テレビで直接再生できるファイルにエンコードした上でオーサリングする必要はありません。それらは目的に合わせて、それぞれ適したファイルにエンコードする事が普通です。


そしてもう一点、
・それらの動画を将来にわたって保存するのかどうか?

ここにも十分注意する必要があります。今使用しているテレビが絶対に壊れない物、買い替えない物であれば、現在使用しているテレビだけをターゲットにしたファイルで保存すればいいのでしょうが、次に買うテレビがどんなコーデックに対応しているかは分かりません。普段はAVCでエンコードしたファイルをPS3で見ている私ですが、このフォーマットのファイルを将来のPS5やPS6でも再生できる保証なんてどこにも無いわけです。5年後にどこでも再生できないファイルをせっせと作る虚しさと言ったら・・・(笑)。


では、どうすればいいのか?
これはあくまで私の考え方ですが、私は普及したパッケージ用フォーマットに沿ったファイルを作成する様にしています。古くはDVDの規格に沿ったmpeg1やmpeg2を、現在ではBDAVやBDMVでオーサリング出来るファイルフォーマットでエンコードしています。そうする事で、少なくともDVDプレーヤーやBDプレーヤーで再生できるだろうと考えているからです。

かと言って、必ずしもこれらが保障されるわけでもありませんし、全く違うファイル形式でも将来に渡り再生環境が維持される可能性もあります。ですのであくまで個人個人の考え方なのですが、今回の次世代ブルーレイの規格が固まったと言うことで、少なくともHEVC(H.265)でエンコードする際のフォーマットは見えてくるのではないかと期待しているわけです。もちろん、このUltra HD Blu-rayの規格自体が普及しなかったら全く意味はないのですが(笑)。

ペガシスのTMPGEnc Video Mastering Works 6が8KやHEVCに対応してきていますし、そろそろ次世代用エンコードに興味が出てきています。今回のUltra HD Blu-rayの規格が今後の私のエンコードの一つの指標となると思いますし、より本格的にHEVCエンコードを検討しようかと思っています。


■本格エンコードソフト
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6(ダウンロード版)TMPGEnc Video Mastering Works 6:8K対応。HEVC対応
ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 6(パッケージ版):8K対応。HEVC対応
 ※どちらもアクティベーションにインターネット環境が必要です

■お手軽エンコードソフト
GOM ENCODER

■DVD/BDディスク作成用オーサリングソフト
ペガシス TMPGEnc Authoring Works 5TMPGEnc Authoring Works 5:DVD/AVCHD/BD対応
※アクティベーションにインターネット環境が必要です


関連記事
「動画エンコードのフォーマット」
「節電とエンコードの矛盾・・・エンコードで電力使うのは罪悪感もありますが・・」
「解像度至上主義はやめて欲しい・・・映像はトータルバランスが大切なんです」
「ハイビジョン動画エンコード連戦連敗・・・エンコード奮闘記」
「期待のH.264/AVCエンコードがことごとく裏目に・・・」

スポンサーサイト