家電とパソコンを新調しようとする度に・・・嫁が立ちはだかるんです。。。何とかして安くて良い家電・パソコンを比較し選び、少ない小遣いで買い揃えていくダメオヤジの奮闘記。

2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

最近はとにかくH.264エンコードにご執心な私です。ひたすらテストしまくっています。そう言うと画質を詰めているんだとお思いかもしれませんが、映像の知識が乏しいので色々調べては実験しているだけなんです。色空間・フィルター・インターレース・パーシャルTSなどなど、とにかく知らなくてはいけないありとあらゆる動画の情報を調べています。その内こちらでもまとめていこうと思っていますが、とりあえず今はAvisynth+x264のテストで精一杯。コマンドラインとか初めて経験しますので全然うまくいきません・・・。気長にお待ちください。


ところで、昔から感じてはいたのですがデジタル放送に実際に触れるようになって益々強く感じる事があります。それはタイトル通り

業界はなぜ解像度ばかり上げて行きたがるのか?

もっと言えば、

我々はなぜ解像度が上がる事にそんなにありがたがるのか?

とも言えると思います。


最近多くなってきたデジタルシネマをご覧になった方も多いと思います(私は1回しか見たことがありませんが・・・)。デジタルシネマは2Kや4Kと言われる解像度が採用されています。2Kですと2048x1080、4Kで4096x2160だそうですが、現在上映されている映画のほとんどが2K上映の様です。そこで必ず言われるのが

デジタルシネマはブルーレイやデジタル放送とほとんど変わらないのか・・・

と言う言葉です。確かに「解像度」で言えばほとんど同じです。しかし考えてみてください。解像度がフルHDサイズのDVD(相当のビットレートのmpeg2)映像を。4Kサイズの地デジ放送を。私はきっと汚い映像だと思うんです。いや、絶対汚いでしょう(主観ですが・・・)。原因は何か?それは解像度と圧縮コーデックとビット深度のバランスが悪いからなんです。DVDの映像コーデックはMPEG2でビットレートは最大で9Mbpsちょっと。深度も8ビットです。またブルーレイやデジタル放送はMPEG2-HDやH.264などのコーデックを使い、10~30Mbps位のビットレートを使っています(当然放送波の方が低いです)。ブルーレイでも8bitしか情報は有りません。最後のデジタルシネマ。こちらは(私も受け売りなのですが)圧縮コーデックはJPEG2000。ビットレートは200Mbps以上だそうです。深度も12bit処理だとか。もう他を寄せ付けない程データレートが高いんですね。

それでもまだ解像度が似てるからブルーレイとデジタル映画は大差ないとお思いですか?ブルーレイはともかく、放送波に1440x1080あるいは1920x1080は過剰解像度だと個人的には思っています。その解像度であるならば、やはり最低でもブルーレイ位のビットレートをあてて欲しい。しかし現実はそんな大きなデータを送信出来ませんので不可能でしょう。だったらもっと解像度を下げても良かったのではないかと思います。だってやっぱりデジタル放送汚いですから。


今スーパーハイビジョンと言われる7Kとか8Kとか言われる映像を開発中なんだとか。スーパーハイビジョンを使う時が来たとしたらどうかデータレートも考えて欲しいです。映像機器を売るために「売り」を作りたいのは良く分かりますが、やっぱりバランスを保って欲しいんです。

現在私はVHSをキャプチャーしてDVDにする作業もしています。元が汚い映像ですのでビットレートも大して高くしていません。ですので解像度はハーフD1(352×480)にしてエンコードしています(DVDのMAXは720x480)。確かにハーフD1にする事でシャープさは減りますが、ブロックノイズも目立ちにくくなり個人的にはこちらの方が好きです。やっぱり映像はバランスだと実感しますよ。

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
PCで動画・編集・作業など
こんばんは、楽しく読ませていただきました、当方趣味で映像関係を扱っています、TS抜きチューナーで録画しDVDにオーサリングなども楽しみとして行います。
地デジになり画質は良くなりましたが、保存はDVDで行います。
せっかくのBDも規格がガチガチ過ぎて移行する気が起きません。
これから先4Kだ8Kだと騒いでいますが・・・
興味が湧かないです、本当に解像度至上主義やめてほしいですね!。

これからも読ませていただきますので、記事を楽しみに待っています。

2015/08/16(日) 01:31 | URL | Terra #-[ 編集]
Re: PCで動画・編集・作業など
Terraさん

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ございません。

私も昔はDVDのオーサリングにはまりました!
シナリストという業務用オーサリングソフトに興味を持ったこともあります(笑)。
オーサリングって自分なりのアルバムを作る感覚で楽しいですよね。

私の次の興味は解像度なんかではなく、
H.265(HEVC)とBT.2020ですかねぇ。
高画質ってなんだ? を最近よく考えます(笑)。

これからもよろしくお願いいたします。
2015/08/23(日) 23:52 | URL | ジョンジョロリン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kadenget.blog107.fc2.com/tb.php/70-f8d04501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック